医者達のスマイル

予防しよう

手を差し出す医師

ある日突然起こる突発性難聴にお悩みの方に見て欲しい情報サイトがこちら。治療法やオススメのサプリなどを紹介しています。

早めの治療が大切です

ある日、前触れもなく耳が聞こえなくなるぎょう病気が「突発性難聴」です。突発性難聴の原因は不明ですが、症状があらわれてから早い段階で適切な治療を受けることにより、治す事が出来ます。一般的に、聞こえないと自覚してから約48時間以内に治療を開始することで、聴力が改善する事が多いとされています。しかし、症状を自覚してから1週間以上経過してからの治療では改善することが難しく、1ヶ月以上経過すると治療は困難であるとされているので、注意が必要です。適切な治療を行なった場合、完治する人・後遺症が残る人・改善しない人がそれぞれ3分の1とされています。 なお、手術などの外科治療では突発性難聴を治すことは出来ません。

突発性難聴の予防法とは

突発性難聴で聴力を失ったとしても、外見的に障害があるということは分かりません。それまで聴こえていたということもあり、周囲の理解を得ることは極めて困難であると言われています。 突発性難聴の予防法としては、明確にされてはいませんが、栄養バランスの取れた食事を心掛ける、血液循環が悪くならないように心掛ける、十分な睡眠時間の確保、出来る限り禁酒禁煙をする、耳に大きな刺激を与えないなど事があります。特に、睡眠不足や過労、過度のストレスなどが重なった場合には、発症するケースが多くとされています。 急に耳が聞こえにくくなった、耳鳴りがしだしたなどの場合には、そのままにせずに耳鼻科医院を受診するようにしましょう。

皮膚の老化

カルテを持つ医師

皮膚の老化で出来る老人性のイボ、脂漏性角化症。最近では若い人の中にも出来る人がいるということで注目されています。さまざまな色や形のものがあり、さまざまな方法で治療されています。

Read more

めまいの原因

カルテと薬と聴診器

めまいは様々な原因で引き起こるものですが、吐き気などもある場合はメニエール症の可能性があります。また、原因が明確ではないため予防することが難しいのですが薬を服用することで抑えることも出来ます。

Read more

医療機関の利用

薬と注射器

鼻炎には様々な原因が挙げられ、アレルギー性鼻炎などがあります。また、鼻炎は内服薬や点鼻薬で改善することが出来ますが根本的に原因を排除しないと再発するため定期的に診断を受けると良いでしょう。

Read more

脊柱管を広げる

体温計と聴診器

脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなるため神経を圧迫してしまいます。また、脊柱管を広げる体操などもあり日常生活に取り入れることで神経の圧迫が改善され、しびれなどにも効果的といえるでしょう。

Read more